不動産投資ならシェアハウスをチェック|楽しい経営のコツ

投資で将来に備える

積み木とお金

投資をすると、出資金に応じて配当金がもらえます。みんなで大家さんは投資信託の一種であり、高い利回りということで、将来の備えをしっかり調達したい人にとって嬉しいビジネスです。

詳しく読む

宣伝をしっかり行なう

スーツの人

賃貸管理を依頼する場合は、宣伝もしっかり行ない入居者を集めてくれるところを選ぶことが大切です。安定した家賃収入を確保するには大切なので、不動産会社をしっかり比較しておいた方が良いでしょう。

詳しく読む

安心の投資方法

マンション

色んな投資方法がありますが、安全性を求めるなら不動産などのマンション投資が適しています。リスク対策がしっかりしているため、不動産会社選びさえしっかりしていれば安定した収益が見込めます。

詳しく読む

人気が高い物件

積み木の家

テレビ番組の影響で、シェアハウスの知名度は高まっています。それにより、憧れてシェアハウスに住み始めるという人は多いでしょう。また、オーナー側にもメリットがあるため、投資として始める人は増えています。様々な不動産会社から投資用のシェアハウスが販売されており、それを購入することで経営を始めることができます。シェアハウスは清掃やゴミ捨てを入居者に任せることが多いため、管理に掛かるコストが少なくて住みます。それで家賃を相場より安く設定しておけば入居者をしっかり確保することができます。安定した不動産投資ができるので、シェアハウスの運営を選択肢に入れて考えてみるのも良いかもしれません。

シェアハウスで注意しておきたい点といったら、入居者同士のトラブルを発生させないための環境づくりといえます。なお、仕事をしながらのシェアハウス経営であれば、そんな余裕はないでしょう。そのような場合は管理会社に任せておく方法もあります。オーナーが管理する場合と比較して得られる利益は低くなってしまいますが、楽に不動産投資をしたい人にとって魅力的なプランであるといえます。なお、一戸建てをシェアハウスとして活用する場合は、入居者の目線になって選ぶことが大切です。お互いのプライバシーを守れるか、トイレや浴室は別なのかを踏まえておくと良いでしょう。他にも女性または男性のどちらかのみにすることで安心感を入居者に与えることができます。